【女性研究者の採用・処遇に関する国際調査】
 
 
 
 
 
 
[平成24~25年度(一財)新技術振興渡辺記念会助成事業]

 女性研究者は、日本の科学技術における重要な人材として、国でも政策を掲げ、その育成と確保を強力に推進することをうたってきましたが、日本における女性研究者の割合は国際的な水準に遠く及ばないと言わざるをえません(第3期科学技術基本計画においては目標の25%に対し13.6%の実績であり(平成23年度)、第4期計画においてはその目標は30%に引き上げられている)。 特に近年、日本より低位に甘んじてきた韓国が強力な政策により日本を追い抜き、調査対象国の中で日本は最下位となりました(平成24年度版『男女共同参画白書』(内閣府)より韓国15.6%に対し日本は13.8%)。 
 このような状況から、本調査事業では、女性研究者の採用や処遇に関する政策を後押しするために、従来取得されていなかった国際比較の調査(特に我が国が対応上焦点をあてるべき東アジアを中心としたもの)を実施し、データを収集、分析したうえで新たな女性研究者問題に関連する提言をまとめることを目的にしています。 さらに、組織横断的なプラットフォームおよび定点調査の土台を構築することにより、女性研究者問題の考察に向けた関連活動を継続的に行うための基礎固めも目標としています。



調査報告書 報告概要 報告会発表資料