【外国籍研究者及び海外留学日本籍研究者の日本における位置付けに関する調査研究】
 
 
 
 
 
 
[平成22~23年度(一財)新技術振興渡辺記念会助成事業]

 国際的な頭脳循環を推進するためには、優秀な外国人研究者を戦略的に日本に受け入れ、日本で活躍できるようにすることが必要であり、そのためには、外国人研究者の日本での研究における位置付けを明確にすることが求められます。
 優秀な外国籍研究者及び海外留学日本籍研究者の日本における位置付けを明確にすることにより、彼らを戦略的に日本へ受入れる施策に資することを目的に、そのための処遇や環境整備、あるいは日本語ハンディキャップの無い優秀な海外留学日本人研究者の呼び戻し、若手日本研究者の内向き志向への対処等について、研究機関や研究者に対しインタビューを行い、専門家による検討を行う等調査研究を実施し、提言を取りまとめました。



調査報告書 報告概要