【内外の大学及び研究所の運営状況調査】
 
 
 
 
 
 
[(一財)新技術振興渡辺記念会受託事業]

 日本全体の科学技術の活動は、近年、国際的にみて、相対的にその地位が低下してきていると言われており、例えば論文の生産量で見ても1998-2000年は米国、イギリスに次いで世界第3位であったものが、2008-2010年では米国、中国、イギリス、ドイツに次ぐ第5位に下がっています。また質の面においても引用トップ10%に占める日本のシェアはほとんどの分野で低下傾向を示しています。
 政府は、科学技術イノベーションの創出を、第4期科学技術基本計画における柱としており、世界最高水準の優れた知的資産を継続的に生みだすとともに、我が国が取り組むべき課題を明確に設定し、イノベーションの促進に向けて科学技術政策を総合的かつ体系的に推進していくことを目指しています。

 本事業は科学技術イノベーションの出発点となる国内外の大学や研究機関の運営状況を調査し、それぞれの問題点を抽出しながら、何故日本の基礎研究開発の生産性が落ちてきているのかといった点を分析し、効率的効果的な研究運営の在り方について、今後の我が国における大学、研究所等の運営に関する改善の方向を提言することを目的としています。