【筑波研究学園都市外国人研究者用宿舎の整備状況等に関する調査】
 
 
 
 
 
 
[平成22年度文部科学省受託事業]

 筑波研究学園都市は昭和40年代に整備が開始され、研究施設のみならずこのための住環境も併せて整備されてきました。 それから40年以上が経過した今日、宿舎の老朽化や外国人研究者のニーズの変化を踏まえ、公的研究機関や大学等における外国人研究者用宿舎の整備・利用状況等を調査するとともに、研究機関における外国人研究者受入時の課題等を分析・検討しました。
 本調査実施中に東日本大震災が発生したことから、震災が住環境に与えた影響についても調査することとし、この後の類似する調査の布石ともなる基礎的データを収集しています。



調査報告書
(成果報告書添付資料)
※文部科学省に提出した調査報告書から
HP掲載用に修正等を行い、付録添付の
調査票 一式を削除したものです。
報告概要
(JISTEC Report Vol.80掲載)