【国際共同研究推進のための研究者受入促進・ネットワーク強化に係る調査研究】
 
 
 
 
 
 
[文部科学省受託事業]

 第4期科学技術基本計画(平成23年8月19日閣議決定)では、「基礎研究の抜本的強化」の項目の中で、「世界トップレベルの基礎研究の強化」として、世界第一線の研究者の集積等によって、優れた研究環境と高い研究水準を維持する世界トップレベルの拠点の形成を促進し国際的な頭脳循環における中核的拠点として、最先端の大型研究開発基盤を有する研究拠点の形成を進めることとし、海外からの研究者の比率を10%とするなどの目標を掲げています。

 このような国の施策を受けて、我が国の研究者受入状況等の調査を行うほか、優秀な外国人研究者を我が国に受入れるための施策を検討するために、外国人研究者の受入状況を把握すべく、全国の大学・研究機関にヒアリングやアンケート調査を行い、成功・失敗事例の収集・分析を実施し、優秀な外国人研究者受入れのための方策等について検討を行いました。
 さらに、2011年3月に発生した東日本大震災が研究環境のみならず生活環境にも多大な影響を与え、外国人研究者の離日や来日延期が相次いだことから、その影響や対応策についても調査を進めました。

 本事業は平成23年度にて終了しましたが、調査報告の内、これまでの中国政府派遣研究員に大きく係る部分については成果報告書に、さらに外国人研究者受入についての調査は別冊にて取りまとめそれぞれ公開しています。



平成23年度委託業務成果報告書 別冊「外国人研究者受入についての調査」
報告書