【芦田基金運営事業】
 
 
 
 
 
 

 芦田基金運営事業は、平成5年度(1993年)、株式会社ジュン・アシダより、日本における服飾素材開発及びそれに付随する染織技術に関する日本人技術者の育成を目的とした事業を推進するための寄付を受け、平成6年度にこの寄付金を基金として、技術者の国際交流を含む上記目的に合致した事業を実施したことがはじまりです。 平成9年度にはその目的を服飾素材開発、染織技術の向上にとどめず、広く一般の科学技術分野での人材交流事業に資することとした方策を検討し、事業内容の拡充を目指しました。
 特に、世界的に問題になっている青少年の科学技術離れ現象に注目し、青少年の自然に対する驚きや科学技術に対する畏敬の念が希薄になっているという認識にたって、小中学校の生徒、教職員や父兄を対象に内外の有識者を招いてセミナー等講演会事業を多く推進しています。

 これまでに実施した事業概要は次の通りです。

  1. 専門技術者(初期は服飾関係技術者)のヨーロッパへの留学支援
  2. 学生、教師、保護者などを対象とした講演会の実施 (実績:26回)
  3. 学校への教材支援 (平成18年、新潟県長岡市山古志小・中学校へ視聴覚機器一式を寄贈)
  4. 世界宇宙飛行士会議開催の助成 (平成15年)
  5. 2010年日中女性科学者北京シンポジウム開催助成 (平成22年)